住宅・住居を建てるとき地盤調査をすることがあります。建て替えでも事前に問題がなくてもしたほうが無難です。

住宅・住居が私達にしてくれている役割
住宅・住居が私達にしてくれている役割

住宅・住居を建てるときに地盤調査をする

日本には色々な地名があります。何の気なしにみていることがあるのですがこれが大事な情報を与えてくれる事があります。ますこの地名は昔の地形を表していたとするものです。水に関係する地名があるとその辺りは水が多くあった可能性があります。谷であったり、川、池など今は全くないようなものが地名に入っている場合、昔は大きな池や川が近くに流れていた可能性があります。地名は状況が変わったからといって頻繁に変わるようなことはありません。

住宅・住居を建てる場合、建て替え、更地から建てる場合があります。このときにしておきたいこととして地盤調査があります。建て替えの時は必要ないと思っている人がいます。それまで建っていて何の問題もなかったからです。確かに前の建物が建っていたときに何もなくてもこれから起こるかもしれません。それを想定するのです。前に建てたときにしっかりと地盤調査をして改良をしていればいいですが、せずにそのまま建てていたことも考えられます。

更地の場合はもっと情報がありません。前にどういった建物が建っていたかもわかりません。もしかすると傾いていたのかもしれません。それは地盤によるものかもしれないのです。地盤調査をして問題があれば改良をすることになります。

関連リンク

  • パソコンについてはここが人気のようです。

Copyright (C)2017住宅・住居が私達にしてくれている役割.All rights reserved.