住宅・住居ではバランスを考慮します。お金のバランス、日当たりのバランス、間取りのバランスもあります。

住宅・住居が私達にしてくれている役割
住宅・住居が私達にしてくれている役割

住宅・住居においてはバランスを考慮

一人で住むのであれば一人の考えを元にすることができます。その他に特に意見を求める必要はありません。しかし複数人で住むのであれば一人のみの意見では少し都合が悪くなるでしょう。一人の人の要望だけだと別の人が不満に持っているかもしれません。力関係で強い人が強引に推し進めようとすると、建った時はそれで我慢をするのですが、住んでいるうちに徐々に不満が大きくなってきます。これではなかなか住めないとなってしまうのです。

住宅・住居を作る、購入するとき、家族で話し合ってどこに重点を置くのか、バランスを上手く考えるようにします。お金の面のバランスもありますし、日当たり、空調もあります。すべての部屋に空調をつけようとするとかなりのコストになります。それなら大きなリビングに空調を集中することも考えられます。日当たりについてもリビングを明るくするようにする考えがあります。すべていいようにはできないので、いいところと悪いところをきちんと見極めます。

個々で部屋をもたせる場合においてもバランスを考える必要があります。子どもの部屋、親の部屋などです。親の考えだけでなく、子どもの意見もしっかりと取り入れて子どもも住みやすいようにバランスを取らなければいけません。

関連リンク

Copyright (C)2017住宅・住居が私達にしてくれている役割.All rights reserved.