住宅・住居において、住みたいとイメージを持つと徐々に形になってきます。たくさん参考例を見るようにします。

住宅・住居が私達にしてくれている役割
住宅・住居が私達にしてくれている役割

住宅・住居探しでは住みたいイメージをもつ

最も最初に住宅に住むとすれば親と一緒の住まいになると思います。親の所得や職業によってどんな住宅になるかになります。大きな一戸建てのこともあれば、マンション、アパート等に住んでいることもあります。子供の頃はそれが当たり前の状況でしたが、大人になってくるに従って徐々に自分で住宅をもつことを考えるようになります。そのときに参考になるのが子どものときに住んでいた住まいです。同じようなところと思う人もいればもっといいところと思うこともあります。

住宅・住居を探すときには住みたいイメージを持つことが必要になります。よくあるのは庭がある住宅がいい、バルコニーがあるマンションがいい、キッチンはアイランド型がいいなどがあると思います。それらをイメージすることによって住みたいところがわかるようになります。ただなんとなくでは作ることができないもなのです。業者に依頼する場合も中途半端に意見を伝えるのが嫌がられます。任せますと言わないようにしたいです。

住みたいイメージを持つ方法としてはとにかくどんどん物件を見ることです。簡単なのはモデルハウスやマンションのモデルルームですがそれ以外にも街なかに出かけて新しい住宅などを見て回るのもいいでしょう。ああいった外観がいいなど参考になることがあります。

Copyright (C)2017住宅・住居が私達にしてくれている役割.All rights reserved.