住宅・住居においてリフォームか新築かでは家族構成を考慮します。子どもや親との同居などもあります。

住宅・住居が私達にしてくれている役割
住宅・住居が私達にしてくれている役割

住宅・住居でリフォームか新築かは家族構成

少し前は核家族化と言われていました。親から子どもが独立し、子どもが新しい家族を持つことになります。それより前といいますと親と子の家族が同居することが多かったとされます。多くの人がどんどん地方から都市部に住むようになったとされます。今は少し変化があります。親の方が高齢化が進んだため、同居を考えるようになったのです。以前のように子どもが多くないこともあり、子どもがそのまま親を呼び寄せて同居することがあります。

住宅・住居において新たに建てるときに考えることは家族構成がどうなるかがあります。新築にしようとするとき、部屋数が変化することがあります。家族が増える予定があるならその分を考慮しておいたほうがいいでしょう。リフォームの場合は増築の場合は部屋が増えますが基本的には部屋は増えません。その代わり住む人が高齢になった時のことを考えてバリアフリーを備えたリフォームをすることがあります。場合によっては部屋が狭くなることもあります。

将来の家族構成がどうなるかを想定して決めるようにすると合理的に決められる場合もあります。子どもについてはわかりにくいことがありますが、親に関してはある程度想定をすることができます。長男だからなどもあるでしょう。

関連リンク

Copyright (C)2017住宅・住居が私達にしてくれている役割.All rights reserved.