住宅・住居では土地探しに困ることがあります。設計を中心にしている業者でも相談に乗ってくれることがあります。

住宅・住居が私達にしてくれている役割
住宅・住居が私達にしてくれている役割

住宅・住居において土地探しが難しい

住宅・住居関係の広告を見ることがあります。その時中古物件と更地のみの情報がありました。同じような立地でどちらも同じような価格になっています。中古物件と言っても築年数は10年ほどですからまだまだ住むことができそうです。取り壊して建て直す必要はないと思います。建物の場合、10年ほどでほとんど価値はなくなっていると言われます。よほど状態が良ければプラスアルファーはあるかもしれませんが、ほぼ土地代と考えてもいいようです。

新たに探そうとするとき、どの土地にするかがあります。もちろんいい立地であることが条件になるのですが、必ずしもいい立地のところが見つかるわけではありません。建てたい建物についてはある程度構想があるのですが、立地を決められなくて困るのです。このような場合に相談することができるかです。住宅の会社によっては、建設を中心に行っているところでも土地探しについても相談に乗ってくれることがあります。業者としても土地の情報は重要です。

土地の価格が高ければその分建物にお金をかけられなくなってしまいます。そのことも配慮して相談するようにします。土地の価格と建物の価格とを合わせて予算に合うように設計をしてくれるところもあります。

Copyright (C)2017住宅・住居が私達にしてくれている役割.All rights reserved.