住宅・住居の購入前にモデルハウスに行くことがありますが、小さい子供でも連れて行くことができます。

住宅・住居が私達にしてくれている役割
住宅・住居が私達にしてくれている役割

住宅・住居で小さな子供をモデルハウスに連れて行く

小さい子供がいるとき、外出先で迷惑をかけるのではないかと心配をすることがあります。子どもですから適当に騒ぎますし、迷惑がられることも多いです。周りを気にしながらのこともあります。もともと子どもを連れていけるようになっているならいいのですが、大人が行くことが多いようなところであれば子どもを預かってくれるようなところはありません。でも将来的に子どもも影響をあたえるのであれば、子どもにも見せておきたいと考えることもあります。

住宅・住居においてモデルハウスに行くことがあります。このときに小さな子供を連れて行くことができるかです。子どもも当然住むことになりますから、見せておきたいですし、何らかの希望があればそれを満たしたい部分もあります。でも騒いだりするのが気になります。多くの場合においては小さい子供を連れて行ったとしても特に嫌がられることはありません。小さな子供もお客さんです。子どもが気にいったから購入を決める人もいるからです。

モデルハウスの担当者も小さい子供に慣れている人が多いので、気にせずに連れて行きましょう。大人だけで決めるのではなく、子どもにもしっかりと見せて明るいところ、広いところ、階段の昇り降りができるかなどを体験させます。

Copyright (C)2017住宅・住居が私達にしてくれている役割.All rights reserved.